夜尿症とは

無意識に排尿をしてしまう夜尿症について解説致します。

夜尿症に悩む方へ

夜尿症とは

夜尿症とは、就寝中に無意識に排尿をしてしまう症状を夜尿症と言います。

子供の時には、おねしょで悩んだ方も多いかと思いますが、大人になってからも同様の症状が治らず悩んでいる方が多く存在します。

おねしょと夜尿症の違いとは、凡そ6歳を境にそれまでをおねしょといい、小学校入学後ぐらいからを夜尿症というのが一般的です。

小学校入学後もおねしょが続くようであれば、医師や薬剤師に相談をして夜尿症の治療を行ったり、薬による治療などを検討することをおすすめします。

子供の頃のおねしょについては、なかなか実態がわかりにくいのですが、3歳程度の子供であれば、30〜50%程度の子供がおねしょをしているという統計があります。

その後は、だいたい小学校入学を境に数値は下がるのですが、小学校3年生では、約10%以下、小学校高学年になると約5%となります。

実際に20人に1人の割合で夜尿症となります。
子供のおねしょと夜尿症について

この数字は日本特有の現象ではなく、世界格好でもこれと同様の数値となっています。

この夜尿症の原因には、様々なケースがあるため成長するに連れても治癒がみられない場合には、医師に相談をしてみましょう。

また、漢方という方法もあります

一番多いのは自然治癒となりますが、夜尿症が続くことで本人がストレスを感じるケースも多いため、早めに治療をすることをおすすめします。